SHALLOW & NARROW_Original

アクセスカウンタ

zoom RSS DAYS 小布施の旅2

<<   作成日時 : 2012/10/21 20:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

9/22(sat)
ほどよく抑制された上品。椅子も上品。
画像


いつか作ろうと思っている厨子。
仏壇的な厨子だけれど、違う使い方もある。
画像


電気ポットを入れる、とか。
画像


笹の広場と、蔵部。
画像


早朝の栗の小路は人気皆無。
足早に小布施堂関係企業の従業員さんたちが通り過ぎるだけ。
画像


自家製の絶品ハム、サラミ。
画像


ヨダレが出ちゃうほど美味しいスクランブル。
画像


笹の広場。
スポーツ刈りの少年の頭頂部みたい。
画像


栗の小路の栗の木に、栗がなっていた。
画像


名店ロントのケーキ。
朝ごはんをたんまり食べた後でも、ペロリ。
画像


松葉屋さんの煙突。
画像


昨年は崩れ落ちそうになっていたこの家は、
現在補修中らしい。何かの店になるんだろう。
画像


僕たちが泊まる枡一客殿を裏から眺める。
それにしてもいい天気だ。
画像


初めて入った朝日屋の、富士山みたいなそば。
これで普通盛り。
画像


木工趣味だけど、やはりプロのものは素晴らしい。
画像


市村酒造場本宅の座敷を独占して、外を眺める。
画像


この8畳間に僕たち二人だけ。
画像


朱雀。
この菓子のために早朝から並ぶ人がいる。
行列大嫌いの僕は、枡一客殿宿泊者の特典を活かし
前日に予約して大イバリで座敷を独占。
画像


二晩目の蔵部。
土曜の夜だから混雑が予想されたが…。
画像


ロコ嬢はワインが好きで、日本酒が苦手。
枡一宿泊者としては惜しい。
画像


この卵焼きまでに約30分。
どうしたんだ、蔵部よ。
画像


揚げだし豆腐も遅かった。
画像


亀甲縛り…じゃなくて小布施ナスの甲焼き。
実は美味しいのに皮が固い。
画像


この鳥は二晩続けて食べても美味しい。
画像


鮭の兜焼き。
席に着いて、すぐに全品をパッパと注文し、
サッサと宿に戻ろうと思っていたのだが、
最初の一品が出るまで30分、
その一品が出てもいないのに「鰤カマ品切れです」と言われた。
どうして30分もたってから品切れと気づくのかね。
代替はこの兜焼き。美味しかったけれど、生焼けだぞ。
画像


秋刀魚を焼いたらこのモクモクsmoky。
画像


この街唯一の、キチンとした夕食と酒を供する店が蔵部だから
週末に混雑するのは仕方がない。
だけどね、注文を忘れたり、後から来た者どもの注文が
最優先されたり、この日の蔵部スタッフは浮足立っていた。
素晴らしい小布施旅の、唯一の残念。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
DAYS 小布施の旅2 SHALLOW & NARROW_Original/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる